×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

━━画期的英会話教材『スピードラーニング英語』━━
1日5分からハジめる英会話 ■  忙しい人  ■ 電車の中、入浴中、車の中
ただ無意識に  ■  勉強嫌いな人  ■ 聞き流すだけ!
■ 飽きやすい人 ■
↓↓↓英語を身につける力は見逃せません↓↓↓
勉強時間は必要ナシ!「英語ができる人」になるとっておきの方法

児童英検が考える英語

子供に何かオケイコ、教養を身につけさせたい、ピアノ、お習字、スポーツの果てまでいろんなジャンルがあります、そんな中でひとつに英語。子供が英語への親しみや興味・関心を持って、積極的に英語でコミュニケーションをすることを楽しみ、英語がコミュニケーションの一つの道具になることによって、英語を使って世界の人々と交流ができる喜びや楽しさを知る、そして世界のさまざまな生活や文化への理解や知識、関心を深め、広い視野を持った国際人を目指す。小さな子供を持つ親にとってはなんともありがたい涙が止まらなくなるような子供の理想と将来像ですよね。
というのが児童英検のうたい文句です。
児童英検は上記のような児童の育成を目指してくれて、楽しそうなテストを通じて英語を学習する児童たちを応援してくれる機関なんです。こんなのがあるの知ってましたか?
ここで間違ってはいけないのですが児童英検は「育成型」のテストなので英語が得意になることが目的ではなく、児童が英語学習に対する意欲を高めて好きにさせるというのが目的です。

児童と英語学習

英語学習の入門時に大切なのがリスニングです。児童の発育段階を考慮した、英語を聞いてそれに合ったイラストなどにまるをつける簡単な方法は、児童に英語に興味をもって「できた!」という喜びを実感させ、英語学習の動機づけが、児童英検の基本的な考えです。児童が挫折感を味わうことがないように合否はつけず、「正答率」で評価され、さらに児童には上の目標を目指していけるように、進級の目安を示すものとして「ステップゾーン」も設けてあります。
そして各グレードともに各レベルにふさわしい問題が児童に毎回出題されます。使う語句や表現は、児童英検の開発された最新のデータなどをもとにして細かく分類・設定された独自のシステムです。
身の回りの話題や場面が使われ、なぞなぞのヒントを聞いて答えを選ぶ問題も含まれていて、楽しみながらテストを受けることができます。
問題用紙はすべてカラーで目で見て楽しい明るいイメージになるばかりでなく、状況描写を児童問題に取り組みやすく正しく把握できる取り組みになっています。
「レポートカードといわれる個人成績表」もカラーのイラストで説明されていて、見て楽しく理解できます。

児童英検と英検の関連性

児童英検と実用英語技能検定「英検」との関連性ですが英検でのいちばん初歩的なレベルが5級で、およそ中学初級レベルです。この5級のテストのなかに占めるリスニングの配点の割合は50%、あとの50%は筆記試験で文法、読解、作文力などを判断されこのように領域やテスト方法では明らかに異なりまが、両方とも英語のコミュニケーション能力を測るテストなので、その意味おいては関連性があるといえるでしょう。
児童英検には3つのグレード【ブロンズ】【シルバー】【ゴールド】がありどのグレードを受けたらいいのか迷う方もいると思います ○児童英検を初めて受ける児童
【ブロンズ】からのスタートの目安
○学習塾などで半年〜1年以上の学習経験をもった児童
○小学校の英語活動で初めて英語に触れて、1年半以上の学習経験をもつ児童
○家庭で英語学習をしている未就学の児童
○音声による学習はしているが文字の学習経験がない児童
以上になりますが、さらに学校や塾の先生などの判断にしたがって決めるのがよいでしょう。
また2つのグレードを同時に受けることもできます。

Copyright © 2007-2010 児童英検で子供に英語力